現代の物流システムを知ろう

>

初めての土地でも大丈夫

ナビを使って運送する

現代運送会社のトラックには、ナビがついていることが多いです。
ナビを見ながら行くいことで、迷子になる心配がありません。
昔はナビが搭載されていなかったので、自分で場所を調べる必要がありました。
ですが、イメージしたルート府通りに行かないことも多く、決められた時間までに運送できないこともあったと言われます。

この時間までに物資を届けてほしいと、命令されるので守らなければいけません。
問題を解決するために、最近のトラックはみんなナビを搭載しています。
ナビに目的地を入力すると、自動でルートを考えてくれます。
音声案内をしてくれるので、自分で地図を見ながら運転する必要がありません。
現代は、安全性も高くなっています。

届け先を間違えるトラブル

ナビを使うことで、届け先を間違えるといったトラブルも回避できます。
しっかり目的地を入力して、正しいルートを考えてもらいましょう。
昔は届け先の住所を間違えてしまうことも多かったので、顧客に迷惑を掛けていました。
しかし今は、ほとんどそのようなトラブルが起こらなくなっています。
顧客も安心して利用できますね。
またナビは、複数のルートを考えてくれます。

最初に考えたルートが工事中で通れなかった場合は、別のルートをすぐ教えてくれます。
遠回りになっても、混雑している道を避けた方が、結果的に早く目的地に着くかもしれません。
よく考えてどのルートを通るのか決めてください。
実際の標識に従って、トラックを運転しましょう。



TOPへ戻る