現代の物流システムを知ろう

>

トラックの機能が増えた

食品の鮮度を守るために

通販で、食品を購入する人が増えました。
それに伴い、運送会社でもいろんな種類の食品を運送できるように工夫されるようになります。
昔は常温タイプのトラックしかありませんでしたが、今は冷蔵タイプのトラックも増えています。
生鮮食品でも、冷蔵タイプのトラックで運動すると鮮度が悪くなることはありません。

物資の状態が悪くなったら大変なので、そのようにトラックの機能を増やして工夫しています。
ドライバーが定期的にトラック内部の温度を確認して、食品の鮮度が落ちないように努力している傾向が見られます。
そのため、通販でも好きな食品を自由に購入できる時代になっています。
スーパーが遠くにあって、買い物に行けない人に好まれています。

デリケートな精密機器

家電の部品に使われる精密機器は、非常にデリケートな存在です。
丁寧に扱わなければいけませんし、温度管理もしなければいけません。
精密機器は高温に弱いので、生鮮食品と同じように冷蔵タイプのトラックで運送する必要があります。
涼しいところで保管しながら運送することで、壊れるなどのトラブルを回避できるでしょう。

どのくらいの温度で管理すれば良いのか、前もって聞いておくと良いですね。
同じ精密機器でも、種類が変わると適正温度が変わるかもしれません。
温度を間違えると、精密機器に異常が起こってしまいます。
せっかく温度を調整できるトラックなのに、温度管理を間違えたら意味がありません。
適正温度を、顧客に聞いてから設定しましょう。



TOPへ戻る